ドラム式洗濯乾燥機と乾太くんの比較!単体でも併用でも時短生活で楽々

暮らし
スポンサーリンク

ドラム式洗濯乾燥機と乾太くんを比較するのに、大切なのは家族構成です。

自分の経験と周りのママともの意見から出た結論は「縦型洗濯機+乾太くん」の併用です。

私は、現在ドラム式洗濯乾燥機を使用していますが、次に買いなおすときは乾太くんを購入しようと思っています。

その理由をしっかりご紹介していきますね。

この記事では、ドラム式洗濯乾燥機と乾太くんのそれぞれの特徴をしっかりご説明していきます。

もちろんおすすめの洗濯機も紹介しますので、ぜひ購入の参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ドラム式洗濯乾燥機と乾太くんのおすすめは家庭次第

ドラム式洗濯乾燥機と乾太くんどちらを選ぶかは、家族構成家庭の様子で決めると間違いがありません。

ドラム式洗濯乾燥機も乾太くんも、もちろんどちらもおすすめです。それぞれにいいところがあるので、皆さん悩んでいるところだと思います。

なぜ、家族構成と家庭の様子次第なのか確認していきましょう!

予備知識として、洗濯物の量は1日に1人あたり約1.5キロと考えるとわかりやすいです。

ドラム式洗濯乾燥機と乾太くんについて

【ドラム式洗濯乾燥機】

ドラム式洗濯乾燥機は1台で洗濯と乾燥ができます。

我が家を例に出すと家族4人・毎日洗濯・乾燥機の利用をする家庭です。

そのため洗濯は12kg、乾燥は7kgのドラム式洗濯乾燥機を利用していますが、特に困ったことはありません。

デメリットを上げるなら、乾燥時間が長いということ・量が多いと乾きが悪いと感じることがあること・洗濯機としての機能が劣るかなと感じることです。

また、乾燥が終わるまで次の洗濯はできませんね。

メリットは洗濯から乾燥まで、ボタン1つで完了する洗濯機1台分のスペースで済むという点です。

ドラム式は各メーカーからたくさん販売されており、価格もピンキリです。

調べてみると人気なのはパナソニック製です。

ちなみにお安いのはアイリスオーヤマです。ただし、乾燥量が少ないのが気になりますね。

【乾太くん】

乾太くんは、リンナイが発売しているガス衣類乾燥機で、当然洗濯機能はついていません。

3キロタイプ・5キロタイプと8キロタイプがあり、一気に乾燥まで仕上げたいご家庭には8キロタイプをおすすめします。

ドラム式乾燥機との違いは、乾燥時間の違いです。

5キロを乾燥するのに約1時間、8キロの乾燥でも約1時間半程度です。

デメリットは、オール電化家庭の場合はガスを導入する必要がある・洗濯プラス乾燥機のスペースが必要になるという点です。

私が乾太くんの購入を検討している理由

ドラム式洗濯乾燥機を持っている私と、友人の間で一致しているのが縦型洗濯機の方がしっかり洗えているという実感です。

  • 乾燥時間が短く、ガスの方がカラっと仕上がる
  • ドラム式洗濯乾燥機をフル稼働するので寿命が短くなりがち
  • 縦型洗濯機と乾太くんのコンビで活用したいと考えているから

特に男の子の家庭ではスポーツ汚れは、縦型洗濯機の方がよく落ちると皆さん話しています。

そして、以前電気屋さんに言われたのが、ドラム式洗濯乾燥機を乾燥機としても使用するとどうしても稼働率が高くなるため寿命が短くなると言われました。

以上の理由から、我が家はガスもあるため次に買いなおすときには縦型洗濯機と乾太くんのセットも悪くないなとも思っています。

迷っている方はご家庭の都合と、家族構成で選ぶと間違いがないと思います。

もちろん現在のドラム式洗濯乾燥機でもタオルはふんわり仕上がり、シワになると困る服は浴室乾燥機を利用しているので困ってはいません。

浴室乾燥機も利用してるんじゃんと思われた方、もちろん部屋干しでもいいですし、洗濯物を全部干さなくてもいいだけで十分に楽ですよ!

スポンサーリンク

ドラム式洗濯乾燥機と乾太くんは併用もおすすめ

色々と悩んでいる人に朗報です!

実はドラム式洗濯乾燥機と乾太くんの併用も実はおすすめなのです。

先ほど、私は次は縦型洗濯機と乾太くんの併用を検討していると話しましたが、迷っている方(可能な方)はドラム式と乾太くんの併用も検討してみてください。

ドラム式と乾太くんの併用

お子さんのいる共働き家庭として、想像してみてください。

平日はお子さんの制服または私服、お母さんのブラウスなど、お父さんはワイシャツなどでそこまでたくさんの量ではないですよね。

であれば、ドラム式洗濯乾燥機でボタン1つで洗濯と乾燥まで終わらせるのが楽です。

そして、週末はシーツや週末ゆえの洗濯物(給食エプロンやユニフォームなど)が多いと思いますが、併用することで乾燥も洗濯もどんどん済ませることができます。

ますます迷ってしまっている人へ

ドラム式洗濯乾燥機を買う方がいい人

  • オール電化の家庭
  • とりあえず乾燥機生活を取り入れてみたい人
  • ボタン1つで乾燥まで終わらせたい人

乾太くんを買う方がいい人

  • 乾燥に時間をかけたくない人
  • 1日に何回も洗濯をする人
  • 縦型洗濯機を利用している人
  • ガスが利用可能な家庭

今は、縦型洗濯機もいいお値段がするので、可能であればドラム式洗濯乾燥機と乾太くんの併用はありだなとも思います。

ドラム式洗濯乾燥機は縦型に比べて背の低い私は洗濯物の出し入れが楽なので、この併用もありだなと気持ちが傾いてきました(笑)

スポンサーリンク

ドラム式乾燥機と乾太くんで時短生活

ドラム式洗濯乾燥機と乾太くんどちらを選んだとしても家事はめちゃくちゃに時短できます!

ドラム式ではありますが、乾燥機使用歴5年越えの私が力説します。

洗濯が苦ではなくなる

まず、洗濯物を干す手間から解放されます。これって本当に幸せなんです!

我が家はずっと共働きでしたので、洗濯物を朝干すのか夜干すのかずっと悩んできました。

子供が小さい頃は寝かしつけた後干そうと思っても、その体力も残っておらずへろへろになりながら洗濯物を干していたものです。

天候に左右されることがなくなる

外が大雨だろうと花粉の季節だろうと一切関係ありません!

せっかく干してきたのに、外出中に雨にやられるなんてこともありません。

めちゃくちゃにストレスフリーです!

部屋干しのスペースの確保がいらない

雨が降る度に部屋干ししていると、毎回スペースの確保が必要ですよね。

部屋干し用のラックの購入も必要ですし、そもそも私は部屋干しが苦手なのでそれだけでストレスでした。

そんな部屋干しともおさらばです!

翌日の水着や体操服に困らない

地味に1番嬉しいのが、これですね。

水泳の時期に「明日も水着がいる!」と言われると、急いで洗濯して干さなくてはいけないですよね。

水着はすぐに乾いたとしてもタオルに時間がかかります。

体育が2日続くときもいくらでもあります。でも、乾燥機があればそんなストレスともおさらばです!

スポンサーリンク

まとめ

  • ドラム式洗濯乾燥機と乾太くんの選択はまずは家族構成で決めよう
  • 乾太くんはオール電化家庭の導入は難しい
  • ドラム式洗濯乾燥機と乾太くんは併用もおすすめ
  • ドラム式洗濯乾燥機と乾太くんどちらを選んでも時短になる

ドラム式洗濯乾燥機と乾太くん、どちらにもそれぞれのいいところがあります。

そのために迷ってしまうのですが、どのポイントを優先するのかで決めると失敗がないかと思います。

高い買い物ではありますが、洗濯に対するストレスが減らせるので乾燥機の活用は本当におすすめですので、ぜひご検討ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました