アルパカワインがまずいは嘘!箱ワインもありコスパ抜群なおすすめの1本!

暮らし
スポンサーリンク

アルパカのワインは値段が安いためまずいと思われがちですが実は違います。

アルパカワインは値段こそ1本500円程度と安いですが味はおいしく、デイリーワインにとてもおすすめです。

もちろん好みの味は人それぞれですが、一度買ってみる価値は十分にあると思います。

万が一まずいと感じた場合にはぜひ料理用として活用してください。

この記事では、アルパカワインが安いのに美味しい理由・おすすめの種類・箱ワインも販売されていますのでその情報もご紹介していきます。

値段は安いですが、飲みやすいアルパカワインはスーパーやコンビニどこででも購入可能です。あなたの毎日の食事をちょっと華やかにしてくれること間違いなしです。

ちなみに私は赤ワインが好きなのでよく購入するのですが、赤ワイン煮込みなどにも癖がなく使いやすいですよ!

サンタ・ヘレナ
¥460 (2022/04/19 01:18時点 | Yahooショッピング調べ)
スポンサーリンク

アルパカワインがまずは嘘!評価は上々の理由

好みは人それぞれですが、アルパカワインがまずいというのは嘘だということをご紹介していきます。

まずアルパカワインはチリのワインなのすが、歴史ある有名な「サンタ・ヘレナ」というワイナリーが製造しています。

「アルパカ」を手がけるのは、チリワインを世界に広めたパイオニアともいえるサンタ・ヘレナ社。創業は1942年。いち早く海外進出を果たし、現在はヴィニャ・サン・ペドロ・タラパカ・ワイングループに属しています。高品質なチリワインの産地として、近年世界から注目を集めているコルチャグア・ヴァレーを拠点として、 ワインの品質に磨きをかけている名門ワイナリーです。

引用:アサヒワインコム

アルパカワインはなぜ安いのか

アルパカワインがまずいと言われているのはその価格の安さからですが、なぜ1本500円程度とこんなに安いのでしょうか。

理由①:土地代・人件費の安さ

チリワインである、アルパカワインが安い理由は人件費や土地の安さが挙げられます。

ワインといえばヨーロッパ産を思い浮かべるかと思いますが、ヨーロッパに比べべまだまだ発展途上であるチリでは、土地代や人件費を安く抑えることができるのです。

理由②:生産コストの安さ

欧米に比べ大規模で生産を行っているため、生産効率がよくコストを抑えることができています。

以上の理由からチリワインはフランス産などヨーロッパのワインに比べて安いのです。

アルパカワインがおいしい理由

チリワインであるアルパカワインがおいしい理由は、チリがブドウの栽培に適しているからです。

ワインはブドウを発酵させて作るシンプルなお酒であるため、原料であるブドウの状態が味に大きな影響を与えます。

チリはヨーロッパと比べ温暖な気候からブドウが熟しやすく、アンデス山脈の影響から寒暖差が激しく味がしっかり凝縮されるのです。

安いワインはまずい、ヨーロッパ産以外のワインはまずいという概念は捨ててぜひ一度アルパカワインを試してみる価値は十分にあると思います。

アルパカ以外のおすすめのチリワイン

チリのワインがおいしい理由をご紹介しましたが、アルパカワイン以外にもおすすめの銘柄があります。

ちなみにチリワインを存分に楽しむのには赤ワインがおすすめです。

カルメネール

甘みがあり、口当たりもなめらかなこのワインは赤ワイン初心者の方にもおすすめです。

カベルネ・ソーヴィニヨン

先ほどとは反対に、こちらは辛口なワインなのですがしっかり渋みを感じたい方におすすめの1本です。

値段が手ごろなチリワイン、ぜひお気に入りの1本をみつけてみてくださいね。

スポンサーリンク

アルパカワインのおすすめをご紹介

アルパカワインは実は種類が豊富に販売されています。

あなたにおすすめの1本をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

アルパカワインといえばこれ!

アルパカ カベルネ・メルロー

アルパカワインといえばこの1本を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

私がよく行くスーパーではアルパカワインのスペースがあるのですが、この赤ワインがたくさん販売されておりよく目にしていました。

味は先ほどお話しした通り間違いのないはずです。

値段も安いのでぜひ一度試していただきたい1本です。

サンタ・ヘレナ
¥460 (2022/04/19 01:18時点 | Yahooショッピング調べ)

アルパカ シャルドネ・セミヨン

こちらの白ワインはとてもフルーティーで飲みやすい1本です。

シャルドネを使用しているこちらのワインはワイン初心者の方にもおすすめです。かなりフルーティーに感じますので辛口をお求めの方にはおすすめできないかもしれません。

ちなみにアルパカワインのいいところはその価格の安さと、急に思い立った時にコンビニでも気軽に購入できる点でもありますよ。

サンタ・ヘレナ
¥460 (2022/04/24 19:44時点 | Yahooショッピング調べ)

ローアルコールワイン

最近はノンアルコール飲料はもちろんですが、ビールなどでもローアルコールの種類が人気を集めています。

健康に気を配りながらお酒を楽しみたいという方々に人気です。

そんなローアルコールをお求めの方にもおすすめな2本をご紹介します。

どちらもアルコール5.5%となっております。

アルパカ デライト・レッド

アルコール度数は低いですが、しっかりとした渋みを感じることができる1本です。

アルコール度数が低いので、平日の食事に合わせるのがおすすめです。

家呑み酒房 ひまわりや
¥803 (2022/09/28 11:23時点 | 楽天市場調べ)

アルパカ デライト・ホワイト

すっきりとした、飲み口が爽やかな1本となっています。

見た目もおしゃれで、今日はこれを飲もうと買う時からわくわくしそうですね!

家呑み酒房 ひまわりや
¥803 (2022/09/23 00:25時点 | 楽天市場調べ)

他にもスパークリングやロゼ、ちょっとリッチなワインなど幅広く販売されていますので、ぜひお好きな1本をみつけてみてくださいね。

スポンサーリンク

アルパカワインは箱ワインも販売されている

ワインを日々飲む人におすすめなのが箱ワインです。

一度にたくさんの量を購入することができ、コスパも抜群!ホームパーティーなど人が集まるシチュエーションにもぴったりです。

アルパカでは箱ワインもありますので味が気に入った方は、ぜひ箱で買うことをおすすめします。

捨てる際にも箱はつぶすことができ、かさばることがありませんよね。

箱ワインの場合は特にネットで購入することをおすすめします。

重たいものを運ぶ必要がないですし、セール中やポイントアップ時に買うことでもっとお得に購入することができますよ!

スポンサーリンク

まとめ

  • アルパカワインがまずいのは嘘
  • アルパカワインがおいしい理由は産地であるチリがぶどうの栽培に適しているから
  • アルパカワインはリーズナブルでデイリーワインにぴったり
  • アルパカワインは種類が豊富で箱ワインもある

アルパカワインの魅力についてご紹介してきましたが、いかがでしょうか。

値段の安さからつい味を疑いたくなりますが、産地であるチリは人件費が安く生産コストも抑えれられているからと理由もわかりましたね。

種類も豊富ですので気分や料理に合わせて楽しんでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました